2013年11月24日

たこ焼き作りグッズは使える? ピックと油引き棒を買ってみた

最近はよく家でたこ焼きパーティーをします。昨シーズンの冬に電気鍋が壊れたので「タイガー グリルなべ CQD-A120」に買い換えたのですが、それにたこ焼きプレートが付属していたのです。たこ焼きパーティーをするたびに悩ましかったのが、油を引きにくいことと、たこ焼きをひっくりかえしにくかったこと。油はキッチンペーパーを丸め割り箸で引き、たこ焼きはつかみにくい竹串でつついてました。

なんとかしたいな、とネットで見つけたのが「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」(レック)と、「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」(下村企販)です。2つ合わせてだいたい1000円くらいと手ごろだったもので衝動買いしてしまいました。

「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」(下村企販)と「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」(レック)
右が「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」(下村企販)、左が「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」(レック)。はたしてその使い勝手やいかに!
買ってからなかなかたこ焼きパーティーをするタイミングがなかったのですが、先日ようやくこれらグッズの出番がやってきました。

「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」はその名の通り、シリコーンでできていて手触りはやわらか。油をつける部分は細い棒の集合体。油がその棒と棒の間にくっつく形になっています。

「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」に油をつける
「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」に油をぺたぺた

油を「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」につけ、たこ焼きプレートのくぼみに引きます。

「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」でたこ焼きプレートに油をぬりぬり

たこ焼きプレートのくぼみにフィットするので油が引きやすい、引きやすい! とてもスムーズに油を引けます。

たこ焼きの生地を流し込み、たこなどの具をさくさく入れます
油を引くのにアタフタしなくて済み、すぐにたこ焼きの記事を流し込めるのでサクサク作れます。そしてフチの生地が焼けてきたら「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」の出番です。

「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」でつつつつつ
「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」でフチの生地をちくちく
ドライバーに似たグリップは適度にカーブがついていて握りやすく、フチの生地をスムーズに切り離せます。

ひとりに1本で「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」を使うと、たこ焼きを回転させるのは難しいかも
たこ焼き本体をひっくり返すときにちょっとした問題が。ひとりに1本でひっくり返そうとしたら、意外とやりにくいのです。最初なので奪うように使うことになりひとり1本でやってしまったわけですが、よくよく考えてみたら2本セットなので使いにくくて当然かもしれません。2回目に作るとき、ひとりで2本使ってひっくり返してみたら、とてもやりやすい! たこ焼きを焼きたい人分の「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」が本来必要だったわけです。このたと「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」を新たに追加購入したことは言うまでもありません。

そんなわけでたこ焼きするならオススメの「シリコン油ひき棒 たこ焼き用」と「たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組」。アマゾンなら送料無料、合計980円で買えますよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿