2013年7月7日

イオンのランドセル「かるすぽ」は修理無料!“代ランドセル”もある

このブログ最初の“知っ得”情報はそろそろ来年度モデルの販売が始まるランドセルの話です。

2カ月ほど前、子供が学校で友達にランドセルを引っ張られ、ちょっと壊れてしまいました。具体的には肩ベルト下部の錠前が取れかかった状態。なんとか使えなくもないですが、きっちり固定できなくなりました。もう数年は使うランドセルなので修理しようという話になったのはある意味当然の流れでした。

イオン「かるすぽ」ランドセルの錠前部分
修理から戻ってきてから写真を撮ったものですが、この錠前が取れかかった状態になってました
問題はこのランドセルを自分たちで買っていなかったこと。離れた場所に住む祖父母が近くのイオンで買って、入学祝いとして贈ってくれたものなのです。そこでその離れた場所のイオンに電話で問い合わせたところ、「ランドセルの取り扱いがあるお近くのイオンで修理対応いたします」とのことでした。

さっそく週末に自宅の近くにあるイオン(とはいえ車か電車でないと行けない距離)にランドセルを持っていきました。しかしうっかりしていたことに保証書を持っていくのを忘れ……。ですがイオンの店員が「こちら、イオンブランドのランドセルですので保証書なしで修理対応できます」と快い対応。しかも「代車ではありませんが、修理中に代わりのランドセルをお貸し出しできますよ」との案内もありました。ウチの場合は、もう使っていない上の子供のランドセルがあったので借りませんでしたが、かなりありがたいサービスです。

実際の修理は3営業日ほどで終了連絡が来て、修理に出した週末の次の週末に受け取ることができました。気になる修理代金はなんと無料! 店員によれば「イオンのランドセルでしたら卒業まで無料で修理対応しています。特に肩ベルトの上のほう(肩カン)は5年生くらいになると壊れることが多いので、その際にもぜひお持ちください」とありがたい案内をいただきました。

イオンの店員によると、5年生ぐらいになると肩ベルトの上部(背カン)がまず間違いなく壊れるとのこと
上のこのときはランドセルをイオンで買わなかったのと、うまいこと壊れなかったのでこのような体験はなかったのですが、皆さんにはイオンのランドセルをおススメしたいです! とくに「かるすぽ」は上の子供が持っているランドセルより明らかに軽く、しかもA4ファイルサイズが中に入るので使い勝手がよいです。今回下の子供が一時的に上の子供のランドセルを使ってそのあたりをブツブル言ってました(笑)。

0 件のコメント :

コメントを投稿